手術を受けるときはかつらを外しましょう。

タイトルそのまま、最近仕事で遭遇したお話です。 笑えるようで笑えないテーマです。

手術室に入る際は、身一つで!

とあるヒヤリハットの報告から知ったのですが、手術を受ける時には、身に着けているアクセサリーをはじめ、装着物は外す必要があるそうです。

①爪:マニキュア、付け爪などは外す。

手術中は、爪にセンサーを付けて、動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定しています。

爪は患者の呼吸状態や種々の身体状態を知る大切な観察部位となるため、ここに不純物(?)がついているとその観察の支障になります。

f:id:espimas:20180114201856j:plain

 

②眼:付けまつけ、まつげエクステは外す。

手術中は眼の乾燥を防ぐため、眼を閉じるようにテープで止めるそうです。

テープを使用するにあたり、付けまつげやまつげのエクステはその支障となるため、外す必要があります。これが出来ないと、角膜が乾燥し、感染症や炎症を引き起こす危険があるようです。

f:id:espimas:20180114201851j:plain

 

③頭:ウィッグ、かつらは外す

今回の報告を通じて初めて知ったのですが、電気メスとは人体に電流を流すことにより切開を行う、という機能です。このためヘアピンなどの金属類でウィッグ、かつらなどが装着されていると、通電による熱傷が発生してしまいます。

以下、Wikipedia「電気メス」より抜粋です。

電気メスは人体に高周波電流を流して、このときの負荷もしくは接触抵抗によってジュール熱が発生し、この熱が瞬時に細胞を加熱し爆発・蒸散することによって切開作用を、細胞の水分を蒸発させタンパク質を凝固させることによって凝固作用をそれぞれ生じさせる。直接電気メスで止血する放電凝固法では直径0.5mm以下の小血管の止血が可能であり、止血鉗子で挟み止血してから血管を電気メスで焼烙する接触凝固法では直径2mmまでの血管の止血が可能であるとされている。

 

JR札幌病院の手術案内が分かりやすかったので、併せてご参照ください。

www.jrsapporohosp.com

看護師さんの立場から見ると…

当たり前ですが、「あなたはかつらですか?」などと面と向かって質問することははばかられるそうです。(当たり前か…)

付けまつげやジェルネイルと違い、一目で分からないようになっているのもむずかしいところですね。

デリケートの話題なので、問診項目の一つとして確認することがベターと思いますが、問診項目に含まれていない病院では個人の推理力・洞察力(?)によるところもあるかもしれず、意外と盲点になりやすい分野です。

看護のQ&Aサイトにも、同じような悩みと、同じような対処方法が掲載されていました。

www.kango-roo.com

 

 

 

男性と女性のかつらの位置づけの違い

さて、ここからは完全に私論であり、本題です。

この報告が上がった際に、女性陣は「プププ…」と、ちょっと小ばかにしたような笑いをする人が一定数いたのですが、男性の私からするとちょっと違和感を覚えました。

女性の「ウィッグ」と、男性の「かつら」って、社会的な位置づけが異なるものだと思っています。

 

女性の「ウィッグ」は、美意識・オシャレのためにつけるもの。ゼロをプラスにしていく効果が狙いです。(自論)

一方で男性の「かつら」は、若かった頃の自信を取り戻すためというか、マイナスをゼロに近づけていく効果が狙いです。(自論)

なんだかうまく説明できませんが、昨年話題になった豊田議員の「この、ハゲー!」という言葉に、かつらが持つ日本の社会的な意義というか、男性のコンプレックスが表れている気がします。

かつらの考察に飽きてきたので、あとは下記の記事を参照してください。

カツラが嫌われる理由 | かつら(カツラ)ならWith

 

なので、やっぱり看護師さんには、男性がかつらをつけている理由を推し量り、医療安全を守る立場から真剣にかつらと向き合っていただきたいと思います。

 

かつらを笑う女性に告ぐ

男性におけるかつらって、女性における何なのか?、と考えていたのですが、

「胸のパッド」

が一番ピンときました。

男性が女性に対して、「○○さん、胸にパッド入れてるらしいよ…」とか言って笑ってたら、今の時代はセクハラで訴えられるのではないでしょうか。

真の男女平等が求められるようになった今の時代、患者はもちろん、身の回りの人々の尊厳を傷つけない対応が必要であると、自戒の念を込めて。

最後にイッテQのデヴィ婦人の問題発言をご紹介してこの記事を終わります。

f:id:espimas:20180114205201j:plain

 

※注:筆者は地毛です。