キューバ旅行の準備

遅めの夏休みでキューバ旅行に行くことになりました。

ブログのテーマと全く異なりますが、キューバ入国の準備を休日シフトの振休を使って自分でやってみたのでここに書いてみます。

情報の少ないキューバ旅行準備のイロハですが、大使館やまとめサイトを見れば大体やることがわかるので、ここでは簡潔に書きます。(※情報は2017年10月13日時点のもの)

 

【事前準備】

キューバ大使館のサイトから、左側の「Forms>Visa Application Forms」を選択。

入力が可能なPDFがポップアップで出てくるので、事前に申請書へ入力します。

http://www.cubadiplomatica.cu/japon/EN/ConsularServices.aspx

※大使館の申請場所にも空白の同じ用紙があったので、印刷の環境が無ければ大使館で書くのもOKのようです。

 

あと、私はカナダ経由で行くのでeTA(ネットでの入国申請)をしました。

アメリカ、メキシコ経由の場合もそれぞれ手続きが必要なようですので、要チェック…。

 

【必要なもの】

・申請書

・パスポートのコピー(コピーを持っていかなければいけません)

キューバ行きのフライトのコピー

・宿泊施設の予約情報のコピー

全て紙で印刷して持っていくというところが要注意です!

 

【場所】

大江戸線の赤羽橋から徒歩1分くらい、南北線麻布十番駅から徒歩8分くらいの場所にあります。場所は…Googlemapで見てくださいw

f:id:espimas:20171013180028j:plain

 

こんな感じで雑居ビルの1階にありました。注意して歩かないと見落とします。

 

ちなみに、大使館の入り口にポスターの貼られている「エルネスト」を予習がてら先週の日曜日に見てきました。

感想は…オダギリジョースペイン語が上手いし、中南米の人に紛れても見劣りしないルックス!カッコいいです。

ストーリーは、ハッピーエンドではなく、時代の渦に巻き込まれていった日系医学留学生のお話。チェ・ゲバラが広島に来て平和記念公園に献花したことがあるというエピソードは初めて知りました。ゲバラが「過ちは繰り返しませんから」という墓標を見て、「これは誰が主語なんだ?」と案内人に質問するシーンは、なかなか考えらせられました…。

そして映画に出てくるキューバの原風景はたぶん今もそのままなので、楽しみになってきました。

 

そんなこんなで、事前準備は無事終了(多分)

出発は1週間後!楽しみです~~。