医事課での新入職員教育に関わって

医事課に異動してはや3ヶ月が経ちました。 患者さん対応やレセプト点検などの一般的な医事業務ももちろん行っていますが、以前医事課にいた時と比べると、派遣職員の勤怠管理や窓口業務の見直し、新入職員への教育などに関わる時間が多くなっています。 特に…

業務委託と派遣の違い

医事課に異動して3ヶ月が経ちましたが、通常業務以外に、私の部署で働かれている派遣職員の方の窓口役の業務を担当させてもらっています。 私が以前医事課にいた時は「委託業務」の契約形態だったのですが、病院の方針などもあったのか現在は「派遣」という…

「病院事務職」の仕事内容と呼び方を考える

先日、知り合いの方と一緒に食事をしているときに、「病院の事務職」っていう言葉をもっと的確に、カッコよく表現できないものなのか?という話になりました。 確かに、友人に「病院で事務職をやってるんだけど…」と話しても「何やってるの?」と聞かれるこ…

中医協資料を読む(第413回・2019年4月24日):2020年度改定に向けた高齢期の課題➀

2020年度の診療報酬改定の議論に向けて、中医協で「患者の疾病構造や受療行動等を意識しつつ、年代別に課題を整理する」ということが行われています。 ・青年期~中年期 ・高齢期 が今回の中医協では議題として挙げられていましたので、各テーマでまとめをし…

医療機関における未収金対策の基本

医事課で日々患者請求に関わる方々にとって、ストレスフルな業務が「患者への診療費請求の対応」だと思います。 病気で弱っている患者さんと支払いの話をするのには気を遣う一方で、未払いなく帰ってもらうことが病院としては必要なので、医療機関にとっては…

中医協資料を読む(第413回・2019年4月24日):2020年度改定に向けた青年期~中年期の課題

2020年度の診療報酬改定の議論に向けて、中医協で「患者の疾病構造や受療行動等を意識しつつ、年代別に課題を整理する」ということが行われています。 ・青年期~中年期 ・高齢期 が今回の中医協では議題として挙げられていましたので、各テーマでまとめをし…

中医協資料を読む(第412回・2019年4月10日):2020年度改定に向けた周産期の課題

2020年度の診療報酬改定の議論に向けて、中医協で「患者の疾病構造や受療行動等を意識しつつ、年代別に課題を整理する」ということが行われています。 ※年代別課題の概要は、前回記事のまとめをご参照ください。 medical-administrate.hatenablog.com ・乳幼…

中医協資料を読む(第412回・2019年4月10日):2020年度改定に向けた乳幼児期~学童期・思春期の課題

2020年度の診療報酬改定の議論に向けて、中医協で「患者の疾病構造や受療行動等を意識しつつ、年代別に課題を整理する」ということが行われています。 ※年代別課題の概要は、前回記事のまとめをご参照ください。 medical-administrate.hatenablog.com ・乳幼…

病院における火災対策

前回の記事では「病院における災害対策」を取り上げましたが、今回は「火災対策」を取り上げたいと思います。 火災対策と災害対策は別物 前回の記事からの再掲ですが 、もう一度火災と災害の違いをまとめておきます。 災害…対象は「地震」「洪水」「テロ」な…

病院における災害対策

現在は医事課で働いている筆者ですが、前部署では院内全体の病院の品質管理に関わる仕事に携わっていました。その中でも、「施設の安全管理」には施設課や災害対策委員会の方と一緒に深く関わらせていただいたので、その経験を関わらせてこのブログでもシェ…

医事課異動1週目の備忘録

新年度より、前部署を離れて再び医事課で働くことになりました。 とりあえずこの1週間は、業務を思い出すために窓口業務や患者対応を中心に行っていました。前に医事課にいた時から約2年半のブランクでしたが、意外とどの業務もスムーズにできていて、体で憶…

中医協資料を読む②(第411回・2019年3月27日)

3月27日に中医協資料がアップされていたので、まとめます。 前回の続きで、「2020 年度診療報酬改定に向けた検討項目と進め方:昨今の医療と関連性の高いテーマ」を取り上げたいと思います。(前回記事はこちらから) medical-administrate.hatenablog.com w…

アトゥール・ガワンデのポジティブな逸脱をするための5つのアドバイス

今日から新年度ですね。 新入社員のみなさんへ贈る言葉が1年で最もあふれかえる1日だと思いますが、自分も心に留めているアドバイスがあるので、ご紹介したいと思います。 その内容は、私が尊敬している副院長の医師が教えてくれた、アトゥール・ガワンデの…

中医協資料を読む①(第411回・2019年3月27日)

3月27日に中医協資料がアップされていたので、まとめます。 www.mhlw.go.jp 第411回の議題 医療機器及び臨床検査の保険適用について 医薬品の薬価収載について 再生医療等製品の医療保険上の取扱いについて 2020 年度診療報酬改定に向けた検討項目と進め方に…

転職活動記⑩:転職活動を経て、病院内の医事課へ異動

今回の記事はもはやタイトルでネタバレしていますが笑、残すところあと2回の転職活動記となりました。 前回までのあらすじ 2社の面接でのミスマッチと不合格を経て、何とか3社目で公立病院の企画室から内定を受けた筆者ですが、なんとそのタイミングで人事か…

中医協資料を読む(第410回・2019年3月6日)

「中医協資料を読む」という記事カテゴリをつくり、中医協資料がアップされたらその内容をブログに起こす、という連載(?)を始めたいと思います。 中医協とは何か?という点について、Wikipediaからの引用ですが以下をご参照ください。 中央社会保険医療協…

病院職員の転職活動記⑨:公立病院の企画室との面接

これまでは企業立の医療法人とコンサル会社、という二つの転職活動を取り上げましたが、今回はもうちょっと病院寄りの転職活動記になります。 前回までの記事とあらすじはこちらから。 medical-administrate.hatenablog.com medical-administrate.hatenablog…

病院職員の転職活動記(番外編):大学病院・公立病院の医事課の運営

なかなか終わらない転職活動記ですが、またしても寄り道記事。 転職コンサルタントに紹介してもらった求人情報から見えた、大学病院・公立病院の医事課の運営についてまとめました。 大学病院:管理職の人事異動により崩壊寸前の医事課も!? 求人内容を見る…

3/11~3/15 日経新聞の医療関係ニュースまとめ

今週の日経新聞には、病院で働くうえで頭に入れておいた方がよさそうなニュースがいくつか掲載されていました。記事を三つピックアップしてみましたので、週末の頭の情報整理によろしければどうぞ。 ➀ 診療報酬、審査に地域差 独自の解釈7万件 不適切請求の…

病院事務職員の転職活動記⑧:クリニック経営支援のコンサル会社との面接

前回の記事では、企業立の医療法人との面接と、そこで思ったことをまとめました。 medical-administrate.hatenablog.com 今回は、クリニック経営支援のコンサル会社との面接をまとめます。 面接したコンサル会社の概要 ・クリニック経営支援のコンサルタント…

患者確認は安全な医療の出発点

医療安全の基本中の基本は、「患者確認」です。 患者さんの取り違いミスは、病院内の全ての場所で起こりえます。そしてそのミスは、病院運営の根幹を揺るがすような事故につながります。 「院内全体で正しい患者確認を行うこと」が、適切な医療を患者さんに…

病院で働くうえでの服装

先日、他病院を含めた事務同士の勉強会・情報交換会があったのですが、なんだか気になる出で立ちをした女性の職員の方がいらっしゃいました。ラメの入ったジャケットに底が太くて高いヒールを履いていて、まつげパッチリのメイク…この人本当に病院職員なのか…

医療現場以外で働き始めている看護師➀(病院編)

今回のテーマは、「医療現場以外で働き始めている看護師」です。 病院の事務職が書くブログなのに、なぜ看護師のキャリアの話?と思うかもしれませんが、私は近い将来、事務職の領域は医療職の資格を持った方々が一定数流れ込んでくる領域だと思っています。…

病院事務職員の転職活動記⑦:企業立の医療法人との面談

前回までは、転職コンサルタントとの面談や求人情報のチェックなどを通じて知ったこと・思ったことをまとめてきましたが、ここからはようやく具体的な転職活動の話に移ります。 実は、エムスリーさんからの求人紹介以外にも、ビズリーチに登録して医療機関系…

病院事務職員の転職活動記⑥:転職活動を通じて考えた病院事務のキャリア

まだまともに転職活動の話に進んでいませんが、転職活動記が第6回を迎えました。 これまで、病院事務職の転職市場を大きく「医事課」と「医事課以外」で分けて考察してきましたが、部署別での事務職のキャリアや今後求められる人物像について考えてみたいと…

プロフェッショナル仕事の流儀から見えた医療安全の世界

2/25に、NHKのドキュメンタリー「プロフェッショナル仕事の流儀」で、名古屋大学の医療安全部門の教授・長尾能雅さん(先生と呼んだ方が良い?)の特集をやっていました。 www.nhk.or.jp 医療安全や質の向上に関わる部署に所属している職員として気になるテ…

病院事務職員の転職活動記⑤:医事課以外の事務職員の転職市場は?

前回、前々回のブログでは医事課職員の転職市場をまとめてきましたが、今回は医事課以外の事務職員の転職市場について考察したいと思います。 前回までの記事はこちらから↓ medical-administrate.hatenablog.com medical-administrate.hatenablog.com 医事課…

病院事務職員の転職活動記④:「デキる」医事課スタッフへのニーズの高さ(管理職編)

前回のブログでは、転職市場において求められる医事課スタッフのスキルや人物像について書きましたが、今度は医事課管理職バージョンをお届けしたいと思います。 medical-administrate.hatenablog.com なお、「正しく診療報酬請求を理解して、実践できる」と…

病院事務職員の転職活動記③:「デキる」医事課職員へのニーズの高さ(スタッフ編)

医事課スタッフが転職活動をするうえでどのポイントを見られるか?をまとめてみました。

病院事務職員の転職活動記②:転職コンサルタントとの面談

転職活動記②は「転職コンサルタントとの面談」です。 「病院事務業界」というのはとてもニッチな業界なので、一般の転職サイトを調べてみたものの、あまり求人が掲載されていませんでした。掲載されていたとしても、事務作業中心のいわゆる「事務員」の募集…